BLOG

WordPressでのGoogleアナリティクスの導入方法は下のリンクに詳しく解説してあります。

GAの画面構成

(便宜上GoogleアナリティクスをGAとします)
前回はGAの専門用語を駆け足で解説しました。
今回はGAの画面構成と5つのレポートについてです。

ホームレポート

まずGAを開くとホームのレポートが表示されます。
ホームではリアルタイムでのユーザーの状況や訪問者数、ページビューの推移、アクセス地域などWebページの状況の概要が一目で確認できるように工夫されています。
このホームレポートでも十分なデータが見られますが、せっかくなのでもうすこし欲張ってみましょう。

ところでインターネットユーザーのアクションデータを収集しているのは誰でしょうか?GoogleやYahoo!JAPANなどの検索サイトをはじめ、メーカーやアマゾン、楽天などのショッピングモールなどです。

特にGoogleは検索サイトというポジションを利用して世界中の様々なデータを収集し、インターネットユーザーの動向をリスティング広告などに反映しています。

リスティング広告とは、検索キーワードなどを基にユーザーが興味のある分野の広告を自動的に表示させる仕組みです。検索連動型広告(けんさくれんどうがたこうこく)とも呼ばれ、例えば野球記事を検索しているユーザーに対して、野球関連の書籍や商品などの広告を乗せた記事を表示させ、効果的に収益を上げようと目論んでいます。

このように、ネット上では訪問者の閲覧履歴や性別、年齢、アクセス地域などは簡単に得られ、行動分析が十分に行えるのです。しかも世界で最も利用されている検索エンジンであるGoogleが提供しているアクセス解析ツールが無料で使えるのです。使わない手はありません

5つのレポート

GAにはリアルタイムレポート、ユーザーレポート、集客レポート、行動レポート、コンバージョンレポートの5つのレポートが用意されています。これらのレポートにより、訪問者の姿、訪問経路、サイト内での行動、コンテンツの質、目標達成などについて分析し、自分のWebサイトを総合的に判断することができます。

リアルタイムレポート:訪問者の状況をリアルタイムで確認できるレポートで、イベント等を行う場合に有効です。

ユーザーレポート:訪問者のアクセス地域や年齢、性別など属性を軸にして訪問者の傾向を分析します。

集客レポート:SNSや検索エンジン、リンクなどWebサイトへの訪問経路を軸にして、訪問者の興味や有効な集客方法を分析します。

行動レポート:訪問者のWebサイト内での行動を軸にして、目標達成までのプロセスや訪問者の興味や嗜好・癖を分析します。

コンバージョンレポート:サイトの目標の達成を計測して、そのデータから目標達成のプロセスや目標を達成した訪問者の傾向などを分析します。
 

 

レポートの読み取り方

GAのレポートはディメンションと指標の組み合わせで作成されます。

ディメンションとは・・・ディメンションは分析の軸となる項目のことで、分析の対象を分類する単位になります。例えば下図のように「性別ごとのユーザー数」という分析では「性別」ごとがディメンションで訪問者全体を性別で分類し分析します。そのためディメンションを変更すると分析対象が変わってしまいます。

指標とは・・・・・指標はディメンションで分類された分析対象を評価、計測するための項目です。「性別ごとのユーザー数」という分析では「ユーザー数」が指標で男性○○回、女性○○回のように計測結果のデータがでます。

 

GAのレポートというのは簡単に言えばWebサイトについて

“○○ごとにXXを見てみたい”という貴方の要望に対する答えを一覧にしたものです。

「○○」に相当するのがディメンションで「XX」に相当するのが指標です。

「ページのURL」ごとに「PV数」を見てみたい。
「ランディングページ」ごとに「直帰率」を見てみたい。
「キーワード」ごとに「訪問者数」を見てみたい。
という要望に応えてくれるのがGAのレポートです。
 
GAのアクセス解析と聞くとなんだか面倒くさそうに思えますが、全てを理解しようとすると専門用語が沢山あって大変です。まずはざっくりとわかる範囲から徐々に理解を深めて活用していけば良いと思います。

Googleは大規模なコンピュータ群を使用し、Googlebotというウェブクロール用のbotでウェブ上の数十億のページを取得(クロール)します。そして独自のアルゴリズムでページをランク付けし、Googleインデックスの更新情報を作り続けています。GoogleアナリティクスはWebサイトを訪問したユーザーの行動記録をレポートとして表示してくれるサービスなのでどんどん活用して自分のサイトの改善に大いに役立たせましょう!
 
次回は「ユーザーを分析してわかる事柄」を予定しています。余力があれば「SNSの連携」も記事にしたいと思います。たぶん無理っぽいです。
 

WordPressランキング